自己紹介

占い師になったわけ

私が占い師になった理由は、導かれたからです。
なんて言うと、壮大な感じがしますが、ルーンに導かれた、としか言いようがないのです。

私は、とにかく落ちこぼれでした。
学業の成績も悪く、国語算数理科社会、全部苦手。
唯一の得意は古文だけど、受験にはまったく関係ない。
偏差値の低い高校に入って、そこでも成績が悪く、
夢を追いかけても、そこでも成績が悪く、夢は叶わず。
就職すれば試用期間でクビ、またはリストラ対象で1年でクビ。
そんななか、唯一続いたのが、農協の相談窓口でした。
組合員さんの相談にのって、土地の運用を模索したり、相続のお手伝いをしたり、
資産管理のお手伝いをしたりする、特命係と呼ばれる、窓際の部署。
そこで、組合員さんや、同じ職員さんから相談をたくさん受けました。
結果、うちの息子の嫁に!って話になったわけですが、
その結婚は失敗に終わり、1歳になったばかりの赤ちゃんを抱えて、
ある占い師さんの鑑定結果を文章にしてお届けする、占いライターみたいなお仕事で食いつないでいました。
自分も占い好きだったしね。でも自分が占い師になるなんて、考えてもいなかったのです。

キッカケは寄り添う技術という講座での出来事です。
その講座には、いろんな人が来てました。
看護師さん介護士さん、カウンセラーさんはもちろん、
保育士さん、学校の先生、公務員さん、官僚さんから政治家さんまで。
寄り添うお仕事が多い中、私のような、無職の人も、チラホラと。
そこで、私は、初めて褒められたんです。
人生初です。
寄り添う技術の先生から、教えることは何もないと言われるほどに、
自然と身につけていたんです。その技術。
講師の方から、どんな仕事をしたいのか尋ねられ、何にもなかった私は、
今までやって来たことを話してました。

そして、いきなり言われたのです。

「ルーン占い、できるんじゃね?」

マジか?今やるのか?ここで?

さあ、人生初の対面鑑定!
人生初の、他人を占う!

祝え!ルーン占い師、風月の誕生の瞬間である!

なんて余裕はありませんでしたねぇ。もう一生懸命で、何を言ったのか覚えてません。
そして、講師の先生から言われたのが

「あなたに寄り添う技術は必要ありません。もう十分です。
ビジネススキルを磨いてください。それ。お仕事にしましょう」

こうして、私は、ルーン占い師になりました。

そこから、ルーンがルンルンと呼ばれるようになり、
るんるん♪ルーン占い風と月に進化していくのですが、

それはまた、別のお話♡

ルーン占い受付

☆気分屋の同僚に振り回されてたAKさんは、同僚に振り回されなくなりました。

☆10年以上も片思いに苦しんでいたMSさんは、片思いにケリをつけ新たな出会いに恵まれました。

☆友人からの一言で傷ついてしまったERさんは、友人の意図を受け止められる強さを手に入れ、今でもその友人と仲良しのママ友になってます。

☆姑と夫に疲れてしまったYKさんは、離婚して、お子さんと新しい人生を歩んでいます。

☆夢を追いかけるか、諦めるか悩んでいたYNさんは、とことん夢を追いかけて、叶わなかったものの、スッキリ諦め、別の目標を追いかけています。

☆結婚を前に不安になってしまったMIさんは、マリッジブルーの原因を突き止め、無事にゴールインしました。

他にもいろんな人が、るんるんルーン占いで、
元気を取り戻し、人間関係を改善し、Happyになってます♪

さあ、次は、あなたの番ですよ♡