ルーン文字と意味

ルーン文字9.ハガルの意味

風月
風月
すべてを吹き飛ばす嵐
建物や作物を傷つける雹や霰、
4つのネガティブルーンの筆頭、破壊のルーン、ハガルさんの取扱説明書です♪

ハガルの主な意味

意味:雹、霰、嵐

主な解釈:
嵐に見舞われる。破壊される。

逆位置の主な解釈:
霧が晴れる。跡形もなくスッキリする。

ハガルを読み解くヒント

霰って当たるとけっこう痛い
雹に当たってケガする人もいる。死者が出ることもある
作物にもビニールハウスにも被害が
車も傷だらけに
その脅威は今も昔も変わらない
台風の被害も記憶に新しいね
だからハガルは破壊のルーンって言われてる
破壊の跡には再生が
感情も嵐
でも嵐が去ったらスッキリするよ
台風一過の秋の空

占いをしていてハガルが出た

自分がハガルさん

何もかもぶっ壊す!って気分になってる
感情の起伏が激しくてコントロール不能になってる
自分ではどうしようもできないことに巻き込まれてる

相手がハガルさん

感情の起伏が激しい人です
思い通りにするのは難しい人です
触らない方が無難な相手です

状況がハガル

どうすることもできない状況です
一難去ってまた一難ぶっちゃけありえない♪
解決するまであともう一押し
目から鱗が落ちるでしょう

ハガルの注意点

ルーン文字が作られた時代、作られた場所は、とても寒く、雹や霰は農作物にダメージを与え、嵐の日は航海にも出られず、生活が脅かされるものでした。
そこから、ハガルのルーンは、破壊のルーンと言う解釈が生まれたと考えられます。

ルーンは8個を一つのグループにして3つにわけるという考え方があり、
ハガルは第二グループの頭になります。
第一グループで積み重ねて来たものを壊して、新しいグループを作るトップバッターです。
そこから、ハガルの破壊は再生のための破壊、古いものを壊し新しものを作るという
解釈があります。

ハガルは古い価値観や、本当は縛られなくていいものに縛られていて
それを吹き飛ばす作用もありますから、無闇に恐れなくても大丈夫です。

ハガルが出たからダメだ~~~って思わないようにしましょう☆

 

ハガル
ハガル
自分の力ではどうしようもできないことがある。
現実を受け入れて、先々の備えを。

ルーン占い受付

☆気分屋の同僚に振り回されてたAKさんは、同僚に振り回されなくなりました。

☆10年以上も片思いに苦しんでいたMSさんは、片思いにケリをつけ新たな出会いに恵まれました。

☆友人からの一言で傷ついてしまったERさんは、友人の意図を受け止められる強さを手に入れ、今でもその友人と仲良しのママ友になってます。

☆姑と夫に疲れてしまったYKさんは、離婚して、お子さんと新しい人生を歩んでいます。

☆夢を追いかけるか、諦めるか悩んでいたYNさんは、とことん夢を追いかけて、叶わなかったものの、スッキリ諦め、別の目標を追いかけています。

☆結婚を前に不安になってしまったMIさんは、マリッジブルーの原因を突き止め、無事にゴールインしました。

他にもいろんな人が、るんるんルーン占いで、
元気を取り戻し、人間関係を改善し、Happyになってます♪

さあ、次は、あなたの番ですよ♡